オンラインカジノ

アジアで大人気のサイコロカジノゲーム!シックボーについて解説

シックボーの概要 シックボーはサイコロを使ったカジノゲームです。 「大小」や「タイサイ」といった名称でも呼ばれています。 カジノゲームはバカラやブラックジャックのようにトランプを使用したカードゲームが大半を占めます。しかし、シックボーはサイコロを使用するため、サイコロを使うゲームに馴染みが深いアジア圏において高い人気を誇ります。 もちろん日本にも「丁半」や「チンチロ」といったサイコロゲームが有名なので、馴染みがあるといえます。 ゲームのルールは至ってシンプルで、「3つのサイコロの出目を予想する」だけです。3つのサイコロはあらかじめ密閉された容器に入っていて、ディーラーがシャッフルして、その出目によって勝敗が決まります。 「丁半」と遊び方がによく似ているため、カジノゲームに慣れていない日本人でも理解しやすいでしょう。また、勝敗は完全に「運」で決まるので、初心者でも楽しむことができます。 シックボーのルール オンラインカジノでシックボーをプレーする場合のゲームの手順は、以下のとおりです。 ①プレイヤーは3つのサイコロの出目を予測して、チップをベットする。 ②ベットの完了後に「ロール」ボタンをクリックする。 ③サイコロのシャッフルが始まる。 ④予測した出目と結果が一致すれば勝利。出目に応じた配当がプレイヤーに支払われる。 シックボーのゲームフローは以上になります。 ランドカジノの場合、③の手順は、ディーラーがサイコロをシャッフルします。 「丁半に」と遊び方が似ていますが、丁半は「出目が奇数か偶数かを予想して賭けるゲーム」であるのに対して、シックボーの賭け方は複数種類あります。 次にシックボーの賭け方について解説します。 シックボーの賭け方 シックボーは3つのサイコロの出目を予想して賭けを行うゲームですが、様々な賭け方を選択することが可能で、シンプルながらも奥が深いゲームとなっています。 ●大or小(BIG or SMALL) 名前の通り、3つのサイコロの出目の合計数が大(BIG)か小(SMALL)かを当てる賭け方です。 出目の合計が4~10 までを小(SMALL)、11~17 までが大(BIG)となります。 当たった場合の配当はシックボーの中で1番低い「2倍」となります。 しかし、3つのサイコロの出目がゾロ目の場合はプレイヤーの負けとなります。例)1-1-1や2-2-2など ●偶数/奇数(EVEN/ODD) 3つのサイコロの出目の合計数が、奇数になるか偶数になるかを予想する賭け方です。「大/小」と同じく、ゾロ目の場合は負けとなり、 「大or小」と同様に、当たった場合の配当は2倍となり、負けとなるパターンは3つのサイコロの出目がゾロ目の時です。 ●シングル・ナンバー 1〜6のどれかの数字を選び、3つのサイコロのうち1つでも選んだ数字が出れば勝ちです。 選んだ数字が1つ出た場合は、配当は2倍です。選んだ数字が2つ出た場合は配当が3倍、3つならば4倍と配当が上がっていきます。 ●ペア 3つのサイコロの出目のうち、2つの数字を予想する賭け方です。 例えば「1と2」にベッドした場合、「1-2-5」となれば勝ちです。しかし「1-3-5」と1つしかあっていない場合は負けです。 配当は6倍で、当たりにはゾロ目を除き計15パターンあります。 ● ダブル […]

online casino

ルーレットのルール、賭け方の種類を徹底解説します!

ランドカジノ(リアルカジノ)で、人気を博している定番のゲーム「ルーレット」。 まだ日本ではカジノは設置されていませんが、iPhoneやandroidで無料で遊べるカジノゲームが増えています。 そのため、海外だけではなく、日本人の間でも注目度が高まっているのです。 今回は、これからルーレットを始めようと思っている方のために、ルールと賭け方の種類を解説していきたいと思います。 ルーレットrouletteとは? 「ルーレットroulette」は、皆さんがご存じの通りで、球がルーレット盤の中を回り、どこに入るのかを予想するだけの、非常にシンプルなゲームです。 起原は19世紀のフランスで、歴史あるゲームに加え、大人数で遊べるため、「カジノの女王」とも呼ばれています。 ルーレットのルールはシンプルですが、賭け方や配当の選択肢が非常に多いため、奥が深い面もあります。 例えば、赤か黒のどちらかに賭けたり、ストレート狙いで1つの数字に賭けたり、一気に4つの数字に賭けたりなど、様々な楽しみ方が可能です。 複数の賭け方があり、大人数で盛り上がるゲームであるため、初心者からベテランまで、幅広い層から愛されています。 ルーレットrouletteのルール カジノのルーレットrouletteでは、Wheel(ホイール)と呼ぶ数字の書かれたルーレット盤と、テーブルを使用して遊ぶゲームになります。 カジノディーラーが、ホイールの中に球を投げ込みます。 投げ込まれた球が「色」「数字」「グループ」のどこに落ちるのかを予想します。 プレイヤーは、どの箇所に落ちるかを予想したら、テーブルの数字が書かれているレイアウトにチップを置きます。 事前に予想し、チップを置いた場所に球が入れば、プレイヤーの勝利となります。賭けた場所によって配当がつき、外れた場合は賭けたチップは全て失います。 ルーレットrouletteの流れ ルーレットrouletteのルールが分かったところで、次は遊び方と一連の流れを解説していきたいと思います。 1.現金を、専用チップに交換。 ブラックジャックや、バカラなどのテーブルゲームとは違い、専用チップを使用します。 ルーレットのテーブルに着いたら、現金か既に持っているチップをディーラーに渡して、専用のチップに交換してもらいましょう。 2.予想したらチップを賭ける。 ディーラーの投げた球がどの箇所に落ちるかを予想したら、テーブル上にチップを置いて、賭けましょう。 自分が置きたい場所に、既に誰かが賭けていた場合は、そのチップの上に重ねておきます。 3.賭け時間の終了 ディーラーが「ノーモアベット(No more Bet)」と宣言したら、それ以上賭けてはいけません。 宣言する前までは、追加したり減らしたり、動かしてもOKです。 制限は設けられていないので、何か所に賭けても問題ありません。 4.ディーラーが球を投げ込む 賭け時間が終了すると、ディーラーがルーレット盤に球を投げ込みます。 5.勝敗の決定 予想していた箇所に、球が入れば勝利となります。 外れたチップが最初に回収され、次に配当が配られます。 ディーラーがピックを引き上げると、自分のチップを回収していいという合図になります。 ルーレットrouletteの賭け方の種類(インサイドベッド) 1~36までの数字を使用して賭ける方法で、テーブルに書かれている1~36の数字と、ゼロを含んだエリアを「インサイドベット」と呼びます。 今回は、インサイドベッドの賭け方を6つほど紹介していきたいと思います。 ・ストレートアップ(1点賭け) […]

online casino

カジノスロットとは?大当たりや当たりの概要を徹底解説します!

カジノゲームの定番であるスロット(slot)を知っていますか? カジノスロットは、ブラックジャックやルーレットなどのテーブルゲームでは獲得することのできないような大金を獲得できるという魅力があります。 今回は、カジノスロットの大当たりや当たりの概要について解説していきます。 カジノスロットとは? カジノスロットとは、回転するリールの図柄が横一列や斜め一列などに揃うと当たりとなり、決まった配当金を獲得できるというシンプルなゲームです。 ブラックジャックやバカラのようなカジノゲームは経験や知識が無いと勝ちにくいですが、カジノスロットはお金を投入してボタンを押すだけなので、カジノ初心者の方でもすぐに楽しむことができます。 24時間365日どこからでもスマホやパソコンでカジノゲームを楽しむことができるオンラインカジノにおいても、カジノスロットは圧倒的な人気を誇っています。 「ジャックポット」と呼ばれる大当たりを当てることができれば、数百万から数千万円といった賞金獲得も夢ではありません。 カジノスロットの大当たり「ジャックポット」 カジノスロットの最大の魅力が「ジャックポット」といわれる大当たりです。 ジャックポットとは、当たる確率は低いですが、当たったときはかなりの高配当が期待できるカジノスロットの大当たりです。 ジャックポット機能が搭載されているカジノスロットは、プレイヤーの賭け金の一部がプール(確保)される仕組みになっており、ジャックポットを当てた一人のプレイヤーに溜まった金額を全額還元されるようになっています。 一般的なジャックポットの当て方としては、ボーナス図柄を揃えてボーナスゲームに突入させます。 このボーナスゲームに突入することでジャックポット獲得のチャンス到来となり、ボーナスゲーム中にジャックポットを当てることができればジャックポット獲得です。 ジャックポットの獲得賞金額は、「1つのマシンで何人プレイしたか」「合計でどのくらいお金が投入されたか」「近日中にジャックポットが出ていないか」によって大きく変わってきます。 賞金額が変わる理由としては、ジャックポット機能搭載のカジノスロットはプレイヤーの賭け金の一部がプールされていき、ジャックポット当選者に全額還元されるためです。 また、ジャックポットが当たった後はそれまでプールされていた金額がリセットされる仕組みになっているのです。 このように、ジャックポットは状況により賞金額は大きく異なり、溜まり続けているマシンでジャックポットを獲得することができれば数千万から数億円といった賞金も夢ではありません。 カジノスロットの大当たり「フリーゲーム」 カジノスロットには「フリーゲーム」という大当たりもあります。 フリーゲームとは、マシンによって定められた回数を無料で回すことができるボーナスゲームのことで、「フリースピン」と呼ばれる場合もあります。 フリーゲームの回数はマシンによってそれぞれ異なり、「10回のフリースピン」や「15回のフリースピン」などが一般的となっています。 フリーゲームへ突入する方法はマシンによって異なる場合がありますが、基本的には「スキャッター図柄」を当たりのライン上に3個以上出現させることです。 フリーゲーム中に出た当たりの配当金は全額獲得することができます。 フリーゲーム中は図柄の配当金が通常の「2倍」や「3倍」、「10倍」と増えていったり、「ワイルド図柄」の出現率が上がったりと当たりが出やすいような仕組みになっています。 カジノスロットの一般的な当たり カジノスロットの一般的な当たりは同じ図柄を一定数以上、当たりのラインに揃えることで図柄に応じた配当金を獲得することができます。 スロットマシンによって図柄や当たりのライン、配当が異なるため、プレイする前に「ペイテーブル」で確認するようにしましょう。 当たりのラインは縦、横、斜めだけでなく、ジグザグや不規則なラインでも当たりとなるケースもあります。 図柄は基本的に3個以上揃えることで当たりとなり、4個以上になると配当金が増えます。 カジノスロットのWILDを使用した当たり カジノスロットには「WILD」と書かれた図柄が存在しています。 WILD図柄はトランプカードの「ジョーカー」のような役割を持っており、どんな図柄にも対応してくれます。 WILD図柄は、フリーゲーム中はもちろん、通常プレイ中も重要となってくるため覚えておいてください。 カジノスロット:まとめ 今回は、カジノスロットの大当たりや当たりの概要について解説してきました。 カジノスロットは、複雑なルールは一切無く、お金を投入して同じ図柄が一定数以上揃うと当たりとなり図柄に応じた配当金を獲得できるというシンプルなゲームです。 そのため、カジノ初心者の方でもすぐに楽しむことができます。 カジノスロットの最大の魅力は一攫千金を獲得することができる「ジャックポット」と呼ばれる大当たり機能です。 オンラインカジノを利用して、多くのカジノプレイヤーが夢見る大金獲得を目指しカジノスロットをプレイしてみてはいかがでしょうか。

online poker casino

ポーカーの種類は実は沢山ある?色々なポーカーの遊び方!

ポーカーの種類は実は沢山あるのをご存じでしたか? 分け方も様々ですが少なく見積もっても10種類以上はあります! 最近はオンラインカジノの人気と共にこのポーカーの人気も高まってきています。 今回はポーカーの種類についてまとめてみました。 昔遊んでいたポーカーのルールと見比べてみたら面白いと思いますよ。 ポーカーの起源について まず、ポーカーとはどこの発祥のゲームなのでしょうか。 調べてみたところ諸説去るようですが、ペルシャのアス・ナスというゲームが有力そうです。 現在のようなトランプ(カード)を使ったポーカーは、20世紀ころに主にアメリカで普及したとの事。 日本でもなじみのあるポーカーは、ドローポーカーと呼ばれるもので、各プレイヤーに5枚づつカードが配られ、カードを交換して役を作る、というのがおなじみですよね。 このドローポーカーも1855年アメリカで普及しておりに、1860年代になると、アメリカではファイブ・カード・スタッド・ポーカーというものが普及します。 これは、最初の1枚だけ伏せてプレイヤーに配られ、後はラウンドごとに1枚ずつ表むきにプレイヤーに配られるポーカーです。 他のプレイヤーも4枚のカードを見ることできるため、伏せられている1つのカードを何か予想しながら駆け引きを行うポーカーです。 その後は更に枚数を2枚増やしたセブン・カード・スタッド・ポーカーが1900年代に入ってから普及し始めます。 最初に2枚の伏せたカードがプレイヤーに配られ、ラウンドごとに1枚ずつ表向きさらに配られていき(3枚目~6枚目)、最後の7枚目はまた伏せて配られる方式です。 要するに7枚のカードのうち3枚の伏せられたカードと、4枚の表向きのカード(ほかの人も見ることができる)、を使って役を作ることになります。 それまでのドローポーカーとは違い、このスタッドポーカーは自分の役が完成するのか、どれくらいの強さになるのか決まっていない状態でチップを賭けることになるため、非常にギャンブル性の高いゲーム。 さらに1900年代後半になると更に進化し、フロップポーカーと呼ばれるテキサスホールデム、オマハなどが普及し、カジノで行われる主流は現在のテキサスホールデムとなっています。 フロップポーカーについては次の項で詳しく説明します。 ポーカーのカテゴリ分け:フロップポーカーとは すでに前述したドローポーカーとスタッドポーカー、そしてフロップポーカーの3つにわけることができます。 ここでは現在の主流となっているテキサスホールデムが分類されているフロップポーカーについて説明していきます。 フロップポーカーはスタッドポーカーの進化版とも言われていますがいったい何が違うのでしょうか。 スタッドポーカーは自分の手札が相手に見えるようになっていますが、その手札は自分しか使うことができません。 ですがフロップポーカーは全プレイヤーが共通して使えることができるカードがオープンになります。 例えばスタッドポーカーで、あるプレイヤーの前にAが4枚表を向いていたら、そのプレイヤーはAの4カードが完成していることが誰の目にも明らかとなり、他のプレイヤーの負けはほぼ決まり。 これではゲームになりません。 しかしフロップポーカーでコミュニティカード(全員が使えるオープンカード)にAが4枚開いていいると、全プレイヤーがAの4カードとなるのです。 同じ役がぶつかった場合、残りのカードで勝敗を決めます。 これをキッカー勝負と言いますが、キッカー勝負でも同じ強さになると引き分けとなります。 現在オンラインカジノで行われいるほとんどのポーカーゲームはこのプロップポーカーの一種、テキサスホールデムで行われています。 ポーカーの大人気ゲーム:テキサスホールデムとは 簡単にテキサスホールデムのルールについて説明していきます。 プレイヤーは、ディーラーから最初に配られた2枚のホールカード(伏せられた自分専用のカード)と、ボードに開かれた5枚のコミュニティカード、計7枚のカードから最強になるように選抜した5枚のカードでハンドを作ります。 コミュニティカードが5枚あるので、自分の手札のホールカードが激ヨワの際はボードの5枚を自分の手札(ハンド)扱いにして作っても問題ありません。 通常2名以上で行われますので、まずは親を決めます。 この親の事をディーラーと呼び、カジノで働いてるディーラーとは異なりますので注意ください。 ディーラーから時計回りに2枚づつカードが伏せられた状態で配られます。 まだセンターにコミュティーカードは置かれません。 この状態でこのままゲームを続けるか降りるかのベットタイムが始まります。 […]